FC2ブログ

子どもはゲームが大好き!


小学校時代の遊び方を思い出してみると、
うちの息子の場合、勉強よりも運動が得意なタイプだっただけに、
体を動かす遊びが多かったのですが、

だからといって、ゲームを全然していないわけではありません。

実は、ゲームだって大好きです。(今でも)

すでに幼稚園の頃には、
まわりの子はみんなDSを持っていました。

でもその頃は、
「ゲームばっかりやる子は、ゲーム脳といって
おじいさんのヨボヨボの脳みそになっちゃうんだよ」

と教えてDSは与えませんでした。

その頃、うちでよくやっていたのは、ゲームキューブのドンキーコンガ。
これなら、リズム感もよくなるし、
まあいいかということで。

しかし、小学校に入ると、マリオとか、いろいろやりたくて、
DSを持つようになりました。

でもうちのゲームに関する規則は、
小学校6年間通して、わりと厳しかったと思います。

まず遊びに行くときにDSを持ち歩くのは絶対に禁止。

よくいる、数人公園などで、座り込んで
ずーっとゲームをしている子たち。
あれは、絶対にダメです!ほんとよくない。

自分も体を動かしたい方だし、友だちも運動系の子が多かったから、
その規則に関しては、対して苦にしていなかったようです。

ゲームに関しては、そのときどきによって、いろんな規則をつくりました。

テレビゲームとDS合わせて1日30分以内という時期もあったし、

勉強を何時間したら、何分ゲームをしていい!
というような約束にしたときもあったし、

とにかく、野放しにいくらでもやっていいということだけは
しませんでした。

次から次へ、新しい、魅力的なゲームが出てくる中、
まわりの子が、やりはじめたりすると、
やりたくならないはずがありません。

それに、時間制限をもうけなければ、
永遠にやってしまうのが子どもですから。

今でさえ、パソコンにむかって、
おとなしくしているときは要注意です!
宿題の調べものかと思えば、ゲームやってたりしますから。

こらー!ゲームやってないで、勉強しろ!

ちょっとした、そのすき間時間、勉強すれば、どれだけ違うか!って
ず~~~っと言っているんですが・・・。

まだまだ親のチェックが必要です。


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村←ポチッとしてもらえるとうれしいです!ありがとう!

スポンサーサイト



テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : ゲーム DS 運動 ゲーム脳

規則正しく生活すること


というわけで、
「私が子どものために心がけてきた事」は、

1. ちゃんと食べること
2. ちゃんと寝ること

が基本で、

3. そして規則正しく生活すること

につながるわけです。

つまり、寝る事、食べる事を中心に
規則正しい生活を促すようにしてきました。

毎日、同じ時間に起きて、
ちょっとだけ朝勉やって、朝食をしっかりとって、
朝の支度をして、学校行って・・・・・と。

放課後も、しっかり遊んで
帰って来て、風呂入って、夕ご飯はがっつり食べて・・・
という具合に。

そのスケジュールを、
毎日しっかりコントロールするのが親の役目です。
当たり前のことだけれど、とても大切なことだと思います。

規則正しく子どもに生活をさせるということは、
まず親が規則正しくしないといけないわけで、
自分もシャキッとしなければならないのです。

私の方が、怠けたくなったりすること、たまにありますが、
それだけは、いや、そのくらいのことは、なんとかやろうと、
少しは、がんばってみています。
なんて・・・、そんなこと、ふつうですね。ははは。

でも、子どもなんて、
親がだらけてしまって、なんにも言わなくなると、
すぐに、だらだらしてしまものなんですよねえ。

いや、しっかり自立できている子もいると思います。

少なくともうちの場合は、まだまだそういうところ
全然甘いので、(今でさえ)
さりげないコントロールや、「かつ!」が必要なんです。


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
ポチッとしていただけるとうれしいです!

Keyword : 食べる 寝る 規則正しく 朝勉 朝食

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR