スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてを塾まかせにしてはダメ!


11月からの塾通いも、この時期には、
息子も、だいぶ慣れてきました。

塾で勉強をして、帰って来てさらに
宿題や、自分の課題をやるという生活。

息子は、スタートがおそかったために、
他の子たちよりもやることが、たくさんあります。

それを残された同じ時間の中で
なんとかこなさなければならないので、
親がうまく整理していく必要がありました。

塾の授業は、この時期の息子にとって、
なくてはならないものでしたが、
基本は、もうだいたいのことは学んできた子たちを、
中心にしたスケジューリングです。

ですから、息子にとって、今本当に必要なのは何か
を見極めなければなりませんでした。

例えば、宿題にしたって、
ちょっとした同意語や対義語などの
調べもの的なものがあった場合、
息子にとっては、そんなこと
悠長にやっている場合ではありません。

これは、もうやることをやりつくした
塾生たちの、気持ちをつなぐためであったり、
さらに掘り下げた勉強
という意味でのモノだと感じました。

そのような宿題に関しては、
調べる時間がもったいないので、
もう息子にはやらせず、
私が、すべてやりました。

そして、調べた結果だけを
必要であれば、覚えさせました。

残すは、1ヶ月半です。
今、本当に息子に大事だと思うことだけを
厳選して、やらせるようにしました。

とにかく、塾で、今何をやっているのか、
息子にとって、それが必要か、必要でないかを、
しっかり目を光らせて、対応しました。

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
ポチッとしていただけるとうれしいです!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 宿題 課題 厳選

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。