スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立中高一貫校に兄弟枠はないはずなのに・・・


今年も受検が終わり、ほっとしている時期ですね。

結果がどうであれ、
この受検のために送った日々の体験は、
これからの人世における貴重な財産になることは、
間違いありません。


ところで、今回の受検で、なんと息子の友だちの弟くんが
合格しました。

兄弟で通っている子、意外と多いのです。
今の息子のクラスで、上の学年に兄弟いる子が
確か4〜5人はいます。

最初の保護者会で、

「5年生に兄がいるんですけれど・・・。」とか
「今、4年生の姉の方に先に行ってきましたので・・・。」

なんて方がけっこういらっしゃって、
びっくりしました。

もちろん、「下の子がチャレンジしたけれど、だめだったわ!」
なんて話もよく聞きますが・・・。

兄弟枠なんてないはずのに、兄弟で通っている子が
こんなにいるなんて!

学校全体だと、どのくらいいるのでしょう???

親が、合格する要領をわかってしまっているのか?
その兄弟は、とっても公立中高一貫校向きの気質なのか?
やはり、家庭環境のせいなのか?

確率的に、ただただ、すごい!と思ってしまうのです。 


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
ポチッとしていただけるとうれしいです!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 合格 兄弟枠 受検 兄弟

コメントの投稿

Secret

No title

はじまめして。今年小4になる一人息子の母です。群馬の公立一貫校を志望しています。
バジリコさまと息子さんの合格までの道のりを
共感させていただきながら拝読させていただいています。これからもどうぞよろしくお願い
申し上げます。

けいさま

はじめまして。けいさん。
訪問コメントありがとうございます。

まだ4年生でしたら、息子さんがやりたい事、興味ある事、スポーツや趣味などを、本気でやったり、いっぱい体験させてあげるのがいいかもしれませんね。親子で楽しんで、がんばってください。応援しています!
プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。