スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな桁の計算を完璧に


ちょっと時期的にが遅くなってしまいましたが、
具体的な自宅での学習の内容の、もう1つの方
大きな桁の計算に関して書きます。

こちらも、専用のノートを
大学ノートを1冊つくりました。

市販の問題集では、ちょうどいい問題はありませんので、
こちらは、私が、毎日5問づつ適当につくってやらせました。

もう本当に、例えば、3975×2933÷145=
とか、974367−1938475=

最初はこんな感じで、
慣れてきたら、小数点をつけたりして、
もっと複雑にしていきます。

これもやったら、その日うちに答え合わせをします。
もちろん私は、電卓を使って計算するので、楽ちんです。

間違った問題は、次の日に繰り越して、もう1度やらせます。

まずは、とにかく、毎日少しずつやって、
大きな桁に慣れることが大事です。


なぜ、大きな桁の計算が必要かといういえば、
公立中高一貫校の問題には、必ず出てくる
グラフやチャートを読み取り、そこから計算して
答えを求める、大きな桁の計算を克服するためです。

せっかく解き方がわかっても、計算ミスをしてしまったら
一貫の終わりですから。もったないですよね。

しかし、大きな桁の問題って、けっこう計算ミスしがちなんです。

ですから、その間違いを分析して、何か悪い癖を見つけたら、
そこのところをちゃんと修正して、
あわてず正しく計算できるようにする必要がありますものね。

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
ポチッとしていただけるとうれしいです!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 受検 大きな桁の計算

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。