スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作文は問題集より塾



半端な受検生だった小学校6年生の夏休みは、
ほとんどふつうに楽しくやっていましたが、
ベネッセの公立中高一貫校用の作文講座だけは、
やらせていました。

かなりゆるいペースでできてしまうものです。
ただ、丸つけをしながら、
なるほど、こういう風に勉強していけば、
作文が書けるようにようになるのか・・・、
との参考にはなりました。

しかし、これをやっただけで、
作文がちゃんと書けるようになるとは
とても思えなかったのが正直なところです。

基本的な方法や、書くコツなどは、とてもわかりやすいです。
これが、すんなり身についたら書けるようになるのは、わかる。
でも、こんなゆるいペースでやっていても
それが身について、どんなお題にも立ちむかえるようになることは、
絶対にありえないと思いました。

では、どうしたらいいのか?
どうやったら本当に書けるようになるのか?
その時点では、わかりませんでした。

結論は、3ヶ月後、塾に通いだしてから、やっと出ました。

作文は、問題集だけでは、やっぱり無理だということ。
とにかく、どんどん書いて、ドンドン直されて、
完全にトレーニングの世界なのだということ。

うちの場合、塾に行ってよかったと思うことの1つは、
とにかく作文なのです。
作文だけは、塾のおかげだと思っています。
いい先生に教えてもらえたことを本当に感謝しています。

作文だけは、自宅学習だけでは無理だったと思います。

技術やコツや慣れという面だけでなく、
特に男の子の場合、絶対に自宅で親が見るよりも
塾の先生に見てもらった方が何百倍も伸びる
というメリットがあります。
とくにうちのようなタイプの男子はそうだったのです。
それに関しては、また、のちに書くことにします。

とにかく、6年生の夏休みは、
ベネッセではなくても、作文の問題集はたくさん出ているので、
1冊くらい手元において、まず親が公立中高一貫校の独特な
作文のノウハウを知ることが、とても大事だと思います。

そして、本人に、ちょっとやらせてみると
だいたいのレベルがわかると思うので、
これから、どういう方向で取り組んでいくかを
考えてみるのに、ちょうどよい時期ではないでしょうか。









にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

バナー原稿 300×250_d (140310)imp


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 受検 自宅学習 作文

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。