スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの体験は作文トレーニングへ



もうすぐ夏休みですね。
6年生の夏休みは、受検されるご家庭にとっては、
勝負どころ?なんていう見方もありますよね。

うちの場合は、かなりふつうの夏休みでした。
まだ受検するか迷っているころで、
唯一ベネッセの公立中高一貫校受検対策コースというのを
ゆる〜くやっていました。

そう、本当にゆる〜く。
だって、この講座、ホントゆるいんですもの。

のちに(11月から)塾へ行きはじめて、
ガツガツやり出したら、
ホント、この講座、
どれだけゆるいのかってのがわかりました。

ただ、問題に無理なくなれて、
傾向を知るためにはとてもよいです。
そして、ベネッセの解説は、本当に丁寧で、順序だっていて
親が、これから、どう子供といっしょに
取り組んでいけばいいかということも
すごく勉強できるので、ある意味おすすめではあります。

もう受検を決めていらっしゃるご家庭は、
夏休みを機に、塾通いなど、
しっかりとりくみはじめるのも、いいと思います。
このくらいの時期から、準備をしておけば、
うちのように、寸前で追い込みまくることもなく
安心だと思いますし。

でも、うちのように、寸前で、短期集中にかけるために、
あえて、夏休みは、夏休みらしくすごすというもの
ありかな〜とも思いました。

うちの場合は、
友だちと川遊びに行ったり、家族で海へ行ったり、
おばあちゃんちへ行ったり、サッカーの試合でがんばって、
仲間と喜んだり、悔しい思いをしたり、盛りだくさんの
楽しい夏休みを過ごしました。

ふと気づいてみると、そんな体験が
その後の、中高一貫校受検の作文問題の勉強やトレーニングに
すごく役立ったのではないかと思ったのです。

とにかく作文は、いろんな体験やそれに関して、
思う事、感じる事、考える事を
たくさんもっていることが有利です。

机に向かって、勉強の鬼になっていては、
何も経験できませんものね。

それは、小学6年生には、ちょっと酷だとも思えますし。

受検生の夏休みだからこそ、
楽しい体験をたくさんすることが
大切だと思います。

勉強とお楽しみの演出をしっかりコントロールするのも
親の役目だと思います。

って、うちはお楽しみの方ばかりでしたが・・・(^^;(^^;

きっと、その後の勉強への活力に
つながると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 受検 進研ゼミ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。