スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾の仲間の合格率に切なくなる・・・

合格発表があった日、
やはりその場で、塾にも知らせました。

必ず、すぐに合否を知らせること!

ということになっていたので、
息子が自分の携帯で、うれしい報告をしました。

たった3ヶ月間でしたが、とても濃いつきあいだったと思います。
塾の先生は、本当によくしてくださいました。
いい仲間ができて、ここまで、がんばれました。

自宅学習で、やってきたところも多かったけれど、
やはり塾なしには、合格は考えられなかった!
という部分も多々あります。

そして、自分が合格して、気持ちは晴れやかなものの、
次に、この3ヶ月間、塾でいっしょにがんばってきた仲間たちが
どうなったかが、気になりはじめます。

合格した子は、発表日にすぐに、塾に呼ばれて、
監禁されて(うれしい監禁)
え〜〜〜とか言いながらも、合格の喜びやら、体験記のようなものを
その場で書かされます。

さすがに、もう作文書きたくな〜い!

という気分でしょうが、
合格したんだから、そのくらいは、なんでもないでしょう!
ということです。

そして、そのときに、出入りする子や、先生に、
他の仲間の情報を聞いたようでした。

公立中高一貫校向け大手塾の小さな地域の教室です。
1クラスで、20人くらい。
受ける学校は、人それぞれです。

そして、合格者は・・・・・、息子入れて2人でした。

え〜〜たったの2人!?

これって、多いの?少ないの?そんなもんなの?


知り合って、たった3ヶ月だけれど、
目標に向かって、いっしょにがんばってきて、
最後の頃は、びっくりするくらい仲よくなっていた仲間が
ほとんど落ちてしまったということで、
この結果を知ったときは、
息子も私も、やはり、手放しでは喜べない、
何か切ないものを感じました・・・。


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村←ポチッとしてもらえるとうれしいです!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 合格 自宅学習 受検

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。