スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受検日午後から入学式までの遊び放題

受検が終わったその日、試験のできはどうであれ、
開放感いっぱいの息子は、封印していたブレイブボードを
うれしそうに出しました。

クリスマスプレゼントにもらった
ブレイブボードを、ずっとしまってあったのです。

その冬、小学校の仲間うちで、急速に流行りだしていたのです。

受検日の午後には、小学校から帰ってきた友だちが、
さっそくブレイブボードを持って、家までむかえにきてくれました。

学校近くの公園で、数名と合流して、
ブレイブボードやりまくるらしいです。

そういう約束だけは、ぬかりがないです。


友だち「どうだった?」

息子「まあまあ。」

という会話が聞こえました。

まるで自信あるように応える息子の声。
本当は、不安でいっぱいなのに・・・。


「でも、やっぱ・・・受からない方がいいなあ。」

と、その後、友だちは言ったようです。


地元の中学に、小学校の友だちと、いっしょに行きたい!
という思いは、息子にも、ものすごくありました。

でも、その思いをふりきってでも、合格したい!という気持ちの方が、
その頃には、大きくなっていたと思います。

彼の中で、この3ヶ月間、本当にがんばったんだ!
という思いがあるから、
その成果が、合格というカタチで、ほしかったのかもしれません。


それから入学するまでの2ヶ月間、息子は、
受検勉強で失った3ヶ月分を、取り戻してやろうとばかりに・・・、

もう、あまり会えなくなってしまう仲間たちと、
今のうちに、たくさん、たくさん、時間を共にしたいと思って・・・、

も〜う、これでもか!!!ってくらい、毎日、毎日、遊びまくりました。


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村←ポチッとしてもらえるとうれしいです!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 合格 受検 小学校 仲間

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。