スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾に行ってよかったこと・作文

最後の最後になって塾通いをした、うちの息子ですが、
塾に行って、本当によかったと思うことが、あります。

それは、公立中高一貫校受検の要となる、作文です。

適正検査の問題は、もしかしたら、
親ががんばって、教えただけでも、いけたかも〜
と思う部分もありますが、

作文は、自宅学習だけでは、無理でした。

親が、がんばって教えても、なかなか伝わらないことが多いし、
テーマによっては、構成を組み立てさせるだけでも、
かなりむずかしい。

それを教え込むのは、至難のわざだと思いました。

そして、プロの先生は、やっぱりスゴい!と関心しました。


でも、うちの場合、
親では、教えられなかった理由というのが、他にあります。

いい文章というのは、
やはり自分の経験から生まれてくるものであり、
思い入れがあればあるほど、表現も豊かになってくるわけです。

それを、すべて親に見せるというのは、
子供にとって、かなり抵抗があるわけです。

とくに、小6男子にとっては、
親の前では出せない思い、なんてのが多いわけで、
素直に作文書いて、親に見せるなんて、本当はやりたくないわけです。
まあ、かっこつけ野郎〜になってきているんですよ。

もう、はずかしいし、てれくさいのですね〜。
自分を、さらけ出すのが・・・。

いや、そりゃあ、家庭環境や親子関係によっては、
問題なく、そんなことが、できる子もいるかもしれませんが、
少なくともうちの場合は、無理でした。

でも、塾の先生の前だったら、授業だし、トレーニングだし、
いい点もらわなきゃいけないし、
作文かけるようにならなきゃ合格できないし・・・、
と、わりきって、自分の思いをぶつけた文章を、書こうと思えるのです。


ですから、作文に関しては、本当に塾の先生に感謝です。

これだけでも、短い塾通いは、
とても価値のあるものだったと思っています。

息子の作文を、あそこまで書けるようにしてもらわなければ、
まず合格はなかったですから・・・。


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
ポチッとしていただけるとうれしいです!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 合格 作文

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。