スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学男子の制服採寸はむずかしい!

入学準備を、いろいろしている時期だと思うのですが、
制服や体育着の採寸などは、けっこうとまどうことが多かったです。

ああ、制服の発注には失敗したなあ!
ということが、今頃になってわかりました。

学校指定のお店で、試着採寸してつくるわけですが、
問題は、どのくらい大きめに、つくっておくかということです。

店員さんに丁寧に測ってもらって、
ついでにお父さんの身長まで聞かれて、
3年間でどのくらい伸びるかを予測しながら、
「じゃあ、これくらい大きめにしておきましょう!」
なんて感じでつくりました。

この時、まだ150cmそこそこの息子が、
どのくらい大きくなるかなんて、私にはとても想像がつかなかったので、
店員さんまかせにつくってしまいました。

ま、この辺がカケみたいなモノだったのですよね。

出来上がったものは、そこそこ大きくって、
おお!まさに1年生!だぶだぶの制服が初々しくっていいねえ!
ほとんど着せられているって感じで、かわいい!

しか〜し!男の子は、スイッチはいると、まあ、よく伸びるのですねえ。

しかも、縦に伸びるだけではなかったのです。

運動部で、日々鍛えている息子は
(学校には完全に部活しに行っている方なので。勉強じゃなく。)
腰回りが、ずんどこでかくなってきて、
あっという間に、パンパンになってしまったのです。

そして、冬休みには、ズボンの裾も、腰回りも
出せるだけ出してもらいました。

つまり、もうこれ以上大きくならない制服のズボン、
このペースで成長していったら、3年間もつわけがないのです。

でも、息子には、もっともっと大きくなって欲しいし・・・。

しかし、そうなると、
どれだけ大きめにつくっておけばよかったのだろうか?
ということにもなるのですが、今さらながら
考えてみれば、お店やさん、
もっと余裕をもたせてくれてもよかったんじゃない?
って思ってしまいます。

お店側も、つくり直しをしてもらって、稼ぐことをねらって、
わざと、そんなに大きくしなかったのかなあ〜?
なんて気がしちゃいますよね。

お兄ちゃんとかいて経験済みのお母さんは、賢く、
その辺予測して、かなり大きめに発注したりしていたようです。

でも、まあ、子供によっても、いつ、どれだけ成長するかなんて
わからないですものね。

うちは、とにかく、失敗でした〜。
もう、いつ、はけなくなるかって感じです。


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。