スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立中高一貫校のデメリット

公立中高一貫校には、メリットも多いけれど、
デメリットもあります。

ふつうの公立中学にはない、大きな問題です。

高校受験がないから、6年間のびのびと学校生活が送れる!

中学、高校と3年ずつ分けてのカリキュラムじゃないから、
6年間通して、合理的に総合的に学ぶことができる!

だから、文武両道だって、かなうのだ!

と、いいところを、裏返せば、
それが、デメリットの原因なのですね。

これは、先生方もとても懸念している問題です。

中だるみが生じるということ!

ふつうの公立中学ですと、中3ともなれば、
高校受験が始まります。
部活動も中3夏でおしまいです。
感動の最終戦を戦って、受験勉強に突入するわけです。

いえ、もっと言えば、中2の後半位からは、内申も関わってくるので、
受験準備は、静かにはじまっています。

ふつうの公立中の子たちは、受験勉強により、ぐっと引き締まり、
そこで一気に学力を身につけることができるのです。

しかし、高校受験がない公立中高一貫校では、
部活動もそのまま続き、ふつうに授業もやっている。

これは、これでよいのですが、
あまり、たらたらやっていると、
高校の部になったときに、痛い目に合う!ということなのです。

ですから、そういう意味でも、
公立中高一貫校では、
6年間のカリキュラムが、しっかり組まれています。

例えば、うちの学校では、
2年ごとにステップアップしてくような仕組みで、
最終目標、大学受験に照準を合わせた形で、考えられています。

個々の生徒の、中だるみが生じないよう、
保護者会などでも、1年のうちから、しっかりと
学校での取り組み、本人の取り組みの話があげられています。

実際のところ、学習内容も、ふつうの公立中に比べて
進み方は、早いですし、内容も難しいようです。
それは、6年間という大きなくくりで、組まれているからです。

大学受験なんて、まだ遠い先のような話だけど、
ちゃんと、そこのところを見据えて、
日々、取り組まないといけないということなんですね。


な〜んて、私が言ってみても、うちの息子は、全然ダメです・・・。
部活に遊びに、ホント楽しそうで・・・、全く!

もう、中学生活を満喫!って感じで。

はっきり言って、勉強しなさすぎ!!

そろそろカツを入れないと、いけないかなあ?
と思っている今日この頃です。

中学入ったら、親はもう、
あんまり口出ししなくてよいか、と思っていたのですが、
ぜ〜んぜん、そんなことなかったです。

いえ、やる子は、やるんでしょうけどね。
ちゃんと自ら。

うちに限っては、そのへんの意識は、小学生並ですから・・・。

そろそろ、母さん塾、再開かな〜・・・まったく・・・。


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村←ポチッとしてもらえるとうれしいです!ありがとう!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 メリット デメリット 文武両道 高校受験

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。