スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小4の個人面談ではじめて公立中高一貫校受検の話をする


小学校4年生の2学期半に、
担任の先生との個人面談がありました。

そのときに、はじめて
公立中高一貫校受検ってどんなものでしょうか?
決めたわけではないのだけれど、
なんとなく考えてはいるんです・・・
ということを担任の先生に伝えました。

しかし、その結果、
受験や、受験のことって、
学校の先生って、それほど、きっちり
わかっているわけではないんだ!
ということを知りました。

つまり、受験とか受検って、
小学校の範疇ではなく、
個人で、情報をつかんでほしいということ。

学校の先生は、あまり詳しいことは、
わからないという事のようでした。

その頃は、まだ先生自身、
とくに公立中高一貫校に送り出した生徒もなく、
経験がないということだったようなのです。

まだ、公立中高一貫校受検のための塾もあまりなく、
問題集も少なく、対策もきっちりとられていなかったのでしょう。

例えば、私立中学受験の場合は、
個人個人で専門の塾へ通って、
手ほどきを受けるのがふつうですよね。

公立中高一貫校に関しては、
まだあまり前例がなかったようですね。

でも、とても良心的な先生で
実際に、公立中高一貫校受検のために
どういうことをしたらいいかということを、
いっしょに考えてくれました。

そして、1つ絶対に言えること!として、

とにかく読書をすること!

をあげてくださいました。

その後、うちでは、
朝の読書習慣がはじまりました。

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
ポチッとしていただけるとうれしいです!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 公立中高一貫校 受検 個人面談 読書

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。