スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイレベルテキストはきっちりとやりました!

小5からはじめた進研ゼミ小学講座のハイレベルテキストですが、
これは、かなりきっちりやりました。

国語に関しては、まず解いた問題を、私が丸つけして、
いっしょに、見直していくというもの。

できなかった漢字などは、その場で、5回ずつ書かせて、
そく覚えさせてしまうようにしていました。

難しい、文章読解に関しては、
私も、内容の文章をしっかり読んで、
ゆっくり1つ1つ理解させるようにしました。

算数に関しては、難関校の問題など、
けっこう難しいものが多く、いろいろやっていくと、
息子には、やはり、得意な問題、不得意な問題があることが、
明確になってきました。

得意なタイプの問題に関しては、難しくても
どんどん解けてしまうものです。

しかし、不得意なタイプの問題は、1度理解して解けるようになっても
また、違う問題をやってみると、間違ったりします。

いっしょにじっくり見直して、不得意を、順につぶしていくわけですが、
やっぱり、いくらやっても、あやしいもの、これって、ちゃんと理解しているかなあ?
と思う問題が、出てきてしまいます。

そういうタイプの問題に関しては、
それ用のノートに、私が類似問題を何問かつくって、
完全に理解するまで、徹底的にやらせました。

たいていの場合、文章題なので、

「ゆうとくんが・・・・で、けいすけくんが・・・でした。
それでは・・・・でしょうか?」

のように、友だちやサッカー選手の名前を使って、
少しでも楽しく、息子のモチベーションが
上がるようにしたのを覚えています。

この頃は、小学校レベルの算数の応用問題くらい、
きっちりできてなくて、どうするんだ!
今完璧にしておかなかったら、中学行ったら、困るだろう!
という気持ちでやらせていましたが・・・、

思えば、これをやってきたことが、結果的に、
受検の力につながったのだと思います・・・。


にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村←ポチッとしてもらえるとうれしいです!ありがとう!

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

Keyword : 受検 ハイレベルテキスト 進研ゼミ 小学講座 算数

コメントの投稿

Secret

プロフィール

バジリコ

Author:バジリコ
自宅学習を中心に、最後ラストスパートの塾通い。
おそい出だしでしたが、公立中高一貫校になんとか合格。


私たち家族が体験した中学受検と、小学校時代にやってきたこと、中学に入ってからの日々の生活などを、母(私)の目線でしるしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク



ginbon.jpg
銀本の効果的な活用法

challenge_pic.gif
進研ゼミ小学講座を効果的に子どもにやらせる方法
リンク
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。